東京の賃貸マンションなら当社へ > (賃貸)地域から探す > 目黒区の賃貸

目黒区 賃貸一覧

東京都目黒区近辺の画像

東京都目黒区エリア情報
【目黒区基礎データ】
総面積:14.70 ㎢
世帯数:148,659 世帯
総人口:267,415 人

1932年(昭和7年)荏原郡目黒町と碑衾(ひぶすま)町が統合し、東京市に編入されて目黒区は誕生しました。
区名の由来は、牧場で馬が逃げ出さないための盛り土を馬畦(めくろ)と呼んだことからとか、目黒不動尊に由来するとか、鎌倉時代の有力武将「目黒弥五郎」に由来するとか、有力説から少数説まで諸説ありますが不明とされています。

目黒区に縁が深いものとして挙げられるものとして、「さんま」があります。
落語の「目黒のさんま」に端を発しますが、現在では毎年9月の第一ないしは第二日曜日に、田道広場公園及び近隣の区栄施設で「目黒のSUNまつり」と冠し、宮城県気仙沼産のさんまを無料で振舞い、目黒の風物詩として大変な人気を博しています。
ちなみに、目黒駅を挟んだ東側の品川区でも、岩手県宮古産のさんまを無料で振舞う、「目黒のさんま祭り」が毎年行われています。

また、マイナーなところでは「馬」とも縁の深い地でもあります。
古代、馬牧が盛んに行われ、良馬の産地の一つであったこの地域、『駒場』の地名はその名残りとも伝えられており、区名の由来の諸説の中には前述した「馬畦(めくろ)」以外にも、馬の瞳が黒いことから「目黒」、馬の毛が黒いことから「馬黒」など、やはり馬に因んだ説があります。
さらに、明治の終わりから昭和の初期にかけては、今の下目黒4~6丁目のあたりにに目黒競馬場が存し、日本ダービー(当時、東京優駿大競争)の第一回は目黒の地で行われております。

目黒区内の鉄道の駅は僅か9駅、23区で最も駅の少ない区なのですが、そのうち5駅(中目黒駅、祐天寺駅、学芸大学駅、都立大学駅、自由が丘駅)は東横線で、どの駅も高い人気を誇る駅で、中でも『中目黒』や『自由が丘』は、様々な主体が実施する住みたい街のアンケートでは、上位に名を連ねる常連です。
人気の原動力は、「セレブ感」「ステータス」「おしゃれ」等のイメージ先行のようです。
一方、目黒区は宅地利用比率が23区で最も高い区で、そのため、小売店舗数、売り場面積、大型店舗数、コンビニ店舗数、ドラックストア数、ファストフード店数等はどれをとっても23区の中でも下位に位置し、イメージとは裏腹に利便性に欠けるという実態もあります。
反面安全な街という側面も有し、刑法犯発生件数は23区の中でも文京区、中央区、荒川区と並んで少ない数にとどまっています。


【目黒区の特徴的な街やエリア、スポットはこんなトコロ】

■目黒区の顔のひとつの『自由が丘』は、おしゃれな街として住みたい街の上位にランクインする常連です。
東横線が通っていることから、東京都民からも神奈川県民からも高い支持を獲得しています。

■西の横綱自由が丘に対して、東の横綱は『中目黒』。
おしゃれな飲食店が多く、目黒川周辺の環境も定評があるところで、春先の桜並木は目にも鮮やかです。

■「目黒」「下目黒」から成る『目黒駅西側』エリアもたいへん人気が高い街で、商業施設と住宅が程良く混在しています。

■『東急東横線沿線』エリアは、落ち着いた街並みの高級住宅街が広がります。
住宅地として人気の高い山手線西側エリアを走る各沿線の中でも、渋谷と横浜を繋ぐ東横線は、最も高級なイメージを有し、最も人気の高い沿線です。

■「駒場」「大橋」「東山」「青葉台」等から成る『駒場/池尻』エリアは、渋谷の外郭をなすイメージで、渋谷へのアクセスの良さや利便性などから、やはり人気を集めるエリアです。


典型的な住宅区である目黒区は、山の手の落ち着いた環境が魅力の街です。

★目黒区役所 所在地
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号
東急東横線・東京メトロ日比谷線 中目黒駅下車5分

選択中の検索条件

≫さらに細かいエリアに絞って見る。

地域
目黒区
賃料
下限なし~上限なし
面積
下限なし~上限なし
築年数
指定しない
駅徒歩
指定しない
間取り
指定なし
設備条件
指定なし
  • この条件の物件を問い合わせる
  • この条件で地域を変更
  • この条件で沿線から検索

ご希望の条件の物件は見つかりませんでした。下記よりご希望の条件のリクエストをください。

物件リクエスト申込み

検索条件の絞り込み

新着物件

トップへ戻る